名曲ピアノサロンコンサートvol.40

サロン40小さい

 一年で一番寒い日が過ぎて、日差しに少しの柔らかさを感じる様になりました。いつもありがとうございます。3月のサロンコンサートのご案内です。
 今回のサロンは40回目、10年が経ちました。次はいつですか、と嬉しいお尋ねに答え来たらいつの間にかそんなに時間が経ったなんて驚きます。でもこの積み重ねで私の中に私の演奏といえる音楽が感じられる様になった気が致します。
 今回はリクエストの多かった私の大好きなベートーベンの「熱情」を中心に美しいパラディスの「シシリエンヌ」、ショパンの華やかなフレーズのある「ノクターン」、愛らしいモーツアルトのロンド、日本のメロディーはいつでも素敵ということで「かごめの変奏曲」を演奏致します。ジャズタイムは「テイクファイブ」です。
皆様のお越しをこころよりお待ちしております。
ミモザが咲く頃ですね。お会いするのを楽しみにしております。



☆ 日時:3月 10日(木)午前10:00~
        11日(金)午前10:00~
        13日(日)午後2:00~  
              トワイライト 5:00~(この回のみ中学生以上の方対象です)
☆ プログラム

パラディス  シシリエンヌ
モーツァルト 小さなオルゴールのためのロンド
小山清茂   かごめ変奏曲
ショパン    ノクターン 5番(Op.15-2)

ジャズタイム テイクファイブ
ベートーベン ソナタ熱情

☆ チケット
¥1,500-[お飲物付き] 
トワイライトのみ¥2,000- [ワインまたはぶどうジュース付き]

☆ 場所
練馬区石神井台2丁目の自宅にて
詳しい場所はご予約いただいた時にご案内致します。

☆ご予約はメッセージをいただくか、下記ホームページから直接お申し込みもできます。

● http://www.marisakata.com/index.php?ticket

ドクターストップをおして

 肘を痛めているのに弾きまくっていたので、ついに鍼灸師の先生からも整体の先生からもドクターストップがかかり、一週間練習をお休み。3月の公演の為にヴァイオリンの西谷さんが今日合わせをしたいということなのだけれど(私は無理なので)と告げて鍼を受けてから帰って来た。うちではチェロとヴァイオリンだけで弓合わせをしているはず。ところが帰って来ると一緒にピアノ抜きで演奏しているではないか。うずうずして音楽室をのぞくと「遊びでいいので入ってくださいよ。」と西谷さんが声をかけてくる。これは我慢ができない。ブラームスのトリオとドビュッシーのバイオリンソナタ。楽しく合わせをしてしまった。さすがに練習をしていないので音は全部は拾えないけど、大筋を弾く。トリオって本当に楽しい。それに何ともブラームスは熱の入る曲だ。「絶対一楽章で拍手来ちゃうね。」と思った3人でした。

サロンコンサートvol.39終了です

 サロンコンサート39回目の4回公演が終わりました。今回は大曲「英雄ポロネーズ」があったのですが、なぜか間際になって弾けば弾く程下手になる気がして相当焦りました。練習はコンスタントに続けて来たし何のせいかわかりませんでした。いつも本番の間際になって色々な発見がありそれを具現化するのにもう少し時間が欲しいと思うのですが、今回はそれが非常に大きかった様です。イメージがどんどんはっきりして行き、でも弾ききれていない。他の曲までがたがたしだし、時間は迫る。そんな感じでした。毎回毎回、得るところがあり前に進まざるを得ないのですが、今回はまた大きな衝撃でした。次回40回目を迎えますが10年これを続けて来た感触がしっかりあります。でも続けて来られたのは「次回は何月ですか」と聞いてから帰って下さるお客様のお陰なのです。また皆様どうぞよろしくお願い致します。

サロンコンサート38回目が終了しました

 昨日のトワイライトを最後に38回目のコンサート無事終わりました。ファンだと言って下さる方が増え、ちょっと照れますが本当に本当に嬉しいです。このサロンコンサートのプログラムはあっち行ったりこっち行ったり、お客様によく「ひっぱり回される」とか「あり得ない順番のプログラム」と言われます。今回もフランスバロックの後、近代まで飛んだり、映画音楽の次はクラシック中のクラシック、モーツァルトを弾いたり。でも皆さま一緒にその世界に行っていただいているご様子が感じられます。自分の中が空っぽになり、音楽に満たされる。魂のレベルまで揺り動かされるといいなと思います。人は魂のレベルまで行けば人を喜ばせる事に喜びを感じる生き物です。魂レベルで生活できれば良い話なのですが。
 今回、フランスの曲をまとめて取り上げましたがフランス人は自分たちの手で王権を廃止した誇りが伝統として強く根づいているというイメージがあります。わたしたちも今自分たちの頭でしっかり考え、誇りを持って国の事を考えなければいけない時に差し掛かっています。起こる物事そのものには性格がなく、賛成派も反対派も自分たちが正しいと思う事をしているということがむずかしいところです。まずその事を理解しなければ生まれるものは争いなのです。
 コンサートの時にも言いたい事はあるのですが、政治的にも色々な立場の方がいらしているので具体的な事には触れません。ただ、ただ、人の本質に近づける「音楽」という媒体を通して私の思いを表現できる事を幸せに思い、これを続け、広げて行こうと今回特に思ったのです。
 

ヴァレンタインコンサート 〜西谷国登リサイタルスピンオフシリーズOp.1〜

ヴァイオリンの西谷さんのリサイタルにシューベルトのピアノ五重奏曲「鱒」で出演します。
室内楽は本当に楽しいです。
鱒小さい
日時
2015年2月14日(土)14時30分
出演
vl,西谷国登 cello,毛利巨塵 pf,坂田麻里 viola,安藤里乃、琴,岡部梢、cb、佐藤有
曲目
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータより
「パルティータ第2晩「シャコンヌ」
宮城道雄:春の海,泉、他
F.シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」D667
チケット
2800円(自由席)
お申し込み方法
nkunito@gmail.comより
http://www.nkunito.comより
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=58928より
場所
武蔵ホール
西武池袋線武蔵藤沢駅西口徒歩一分
http://www.musashihall.com/
プロフィール

しろ薔薇

Author:しろ薔薇
ようこそ
ピアニストの坂田麻里です。
わたしのホームページはこちら
http://www.marisakata.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード