FC2ブログ

介護施設のコーラス初

先日頼まれた介護施設の始めてコーラスの指導が今日でした。

先方も初めての試みなので何もわからないというお話。
わたしも本当にコーラスの指導になるのか、
もしくは音楽療法的なものになるのか、
両方,どちらに転んでも大丈夫な用意して行きました。

最初8人くらいの方が集まってくれていました。
季節感をという要望もあったので我が家から摘んでいった
山椒の葉の香りを一人一人に嗅いでもらうところからスタートしてみました。



次に息を全部吐くことで、たくさんの空気を肺に入れてもらう。
オーイと遠くに呼びかけることでお腹を使う。
それに音程を付ける、という過程で発声をしていきました。

お年寄りは女性では音程は高く出せなくなってくるので危ぶんでいたのですが
どっこい皆様よくお歌いになれたのです。

次第次第にたくさんの方が来て下さってなかなか大きい声で輪唱などもできました。
声部に分けてやりたいね、なんて声も聞かれて、なかなか前途有望です。

施設長の方が皆さんがとても生き生きした,と言って下さって無事終了。
私も歌ってとてもいいなと再確認。
来月も5月らしい歌を持ってきますね,と申し上げたら
「大丈夫、同じ歌でもいいですよ。
忘れてしまいますから。」
と言われ、
「・・・」

認知症の施設だということ,忘れていました。

でもやりがいがあるお仕事と思いました。





認知症のコーラス

コーラスの指導をしているが、これはピアノの生徒が
「先生、コーラスをやってください」と言ってくれたから。
個人ではなくてレッスンってできるかな?と思ったのだけど、
せっかくだからやってみることにしたのだ。
歌好きだし。
1年以上やってみてこのコーラス素晴らしくなったなと思う。

そんなことを思っていたら老人施設からコーラスの指導を頼まれた。
光栄なのだけど、認知症の方だけの施設らしい。
さて今月教えたことを来月には忘れるだろうという前提で何か出来るのか。
まあ,認知症でなくても生徒たちは教えたことを良く忘れはする。
不安はあるのだけど新しいチャレンジでもある。
役に立てばいいなと思いつつ。

墨絵から淡彩画に変わる

石神井公園を散歩する。
池のほとりの柳の木がうっすらと緑に芽吹いている。
背景はまだ枯れ木で、あたかも淡水画の様。
毎日散歩をしていたのに、柳の緑でふと冬の間は風景に色がなかったことに気づく。
今まで同じ景色を見ているのに視点が変わることで意識が変わる。


名曲サロンコンサートVol.23ラプソディーインブルー


早くも初夏の頃となりました。
薔薇も咲き始め、いつもの年と同じように5月が巡ってまいります。
無事に過ごせることを感謝しつつ目の前の事を大事に日を過ごす毎日です。
皆様お元気でおすごしでしょうか。

皆様から長らくリクエストいただいておりましたガーシュインのラプソディーインブルーをピアノソロ+チェロで演奏したいと思います。
皆様とすごせるひととき、ご予約をお待ちしております。



ピアノ 坂田麻里    賛助出演 チェロ 毛利巨塵

日時:6月9日(木)10:00~
     10日(金)10:00~
     12日(日)2:00~ 
           5:00~(トワイライト)
プログラム
 フォーレ    組曲ドリーよりベルシューズ
 奥村 一    ソナチネ第三番ー1
 ショパン    ノクターン11 Op.37-1
 ガーシュイン  ラプソディーインブルー
                     ほか

チケット¥1000- (お飲物付き)  トワイライト¥2000-(ワイン付き)


場所
 練馬区石神井台の自宅
 詳しい場所はご予約いただければご案内致します。
 http://www.marisakata.com
 からもご予約いただけます。

プロフィール

しろ薔薇

Author:しろ薔薇
ようこそ
ピアニストの坂田麻里です。
わたしのホームページはこちら
http://www.marisakata.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード