ピアノの奏法

ロシアの奏法ですね。
指の付け根の関節を固め、指をまっすぐ立てて弾く。
そうだ。
知り合いのピアニストがヨーロッパでロシアの先生に習ったときの話を思い出した。
指をまっすく立てて鍵盤に落とす練習をしたとのこと。
それを聞いたとき、怖いな,と思った。
指の負担がすごそうだ。
腕の重みをすべてかけて鍵盤に落とす。
多分それはそれで効率の良さはあるのだろう。

実は私は華奢である。
体も小さい。
以前奏法の模索中、よく手を痛め鍼に通った。
鍼の先生に
「あなたはきゃしゃだからね。」
といわれた。
「えっ、私きゃしゃですか?」
「骨太だとでも思ってた?」
いえいえ、そうは思っていなかってけれど華奢というのはちょっと素敵かも。
でもちらっとそんなことを思ってみてもピアニストに華奢は有利ではない。

私は私の体を知り、効率のよい奏法を探し始めた。
コンサートを前に体がバラバラになりそうな疲れを感じていたから。

そしてコンサートの1週間前。
あるワークショプに出会った。


続く。

プロフィール

しろ薔薇

Author:しろ薔薇
ようこそ
ピアニストの坂田麻里です。
わたしのホームページはこちら
http://www.marisakata.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード